心のリゾートを幻想させる

沖縄むら咲むらは沖縄ではじめてのテーマパーク併設リゾートです。
ここにくれば沖縄を知ることができます。
もともとはNHKの大河ドラマの琉球の風のオープンスタジオとして作られた場所なのですが、収録が終わってから施設賀状とされて地域活性化のために利世することができないかということになり、体験王国にしてみるということになり今運営されています。
沖縄の心のリゾートを創る、読谷村の観光拠点を作りたいということで運営されています。
スタッフはこれまで観光にまったくかかわったことがないスタッフだったようですが試行錯誤をしながら5年かかって30以上の体験工房を作って、そしてオープンから11年目に宿泊施設を開設したのです。
いろいろな沖縄でしか、ここでしか体験できないような経験をすることができる不思議な村、それをコンセプトとして運営されています。
修学旅行などで訪れる団体も多いのが特徴です。
たとえば夢工房としてシェルアートが体験できたり、料理体験室では沖縄料理を体験することができますし、ガラス工房でガラスを作ったり、黒糖工房やバナナ園、ゲートボール場や闘牛場などもあります。
ホテルも中に併設されているので、1日たっぷり遊んでからそのまま宿泊をすることもできるので、観光客にとても人気があります。